薄毛治療を行いハゲとお別れ【フサフサヘアーも自信も取り戻す】

カッコイイはげ方

白ひげの男性

薄毛を効果的に治療するには、AGAの種類を知る必要があります。AGAの種類には大きく分けて三種類あり、A型とM型、O型に分かれます。A型は額から薄毛が進行していくハゲ方となっており、側頭部や後頭部には髪の毛が残るのですが、前頭部からハゲてくるので目立ってしまうハゲ方となっています。特に、日本人には多いハゲ方として知られており、一般的なAGAとなります。M型はM字型にハゲが進行して行くAGAで日本人にはあまり見られないハゲ方となっていますが、このハゲ方はカッコイイハゲ方として、気にせず治療しない方も多いです。O型は、頭頂部からハゲるもので別名カッパとも呼ばれます。O型のハゲは一番気づきにくいハゲ方となっており、鏡で自分の頭を覗いてみないと分かりません。周りからは目立つハゲ方ですが、周りの方は気を使ってハゲているということを告げないので、自分で気がつかない限りはどうしようもありません。このように、ハゲ方には種類があり、自分がどのようなハゲ方をするのかは家系を観ればある程度の予想はつきます。父親や父親方のおじいちゃんがA型のハゲならその子供も将来、A型のハゲになってしまいます。時には、両方の性質を持ち合わせることがあるので、薄毛の家系に生まれた方は常に薄毛に気をつける必要があります。このように、色々なハゲ方があり、遺伝でハゲ方が分かるので、定期的に薄毛治療クリニックで診断を受けると良いでしょう。薄毛治療クリニックでは、治療だけでなく診断も行なってくれるので、将来的にどうなるかを診断してもらえます。その際に、薄毛が発覚すればすぐに薄毛治療を開始することが可能なので、クリニックで診断を受けましょう。

AGAの種類を知ることである程度の対策をすることが出来ますが、ヘアサイクルを知ることも重要になります。多くの方が知られていませんが、髪の毛にはサイクルが存在するのです。まずは髪の毛が成長をして、ある程度成長が進んでくると髪の毛の成長は止まります。止まった後には毛根の退化が始まり、毛根が完全に退化しきったら脱毛というのがヘアサイクルの流れとなります。この流れは一定のサイクルで周っており、何周かすると髪の毛が生えてこない状態になるのです。しかし、ヘアサイクルは不規則な生活により乱れ、現代の方は薄毛になりやすくなっているのです。本来ならまだヘアサイクルが残っている状態でも、偏った食事や睡眠不足によりヘアサイクルが通常よりも早く終わってしまうのです。ヘアサイクルは、薄毛治療クリニックで診断することが可能なので、心配な方は観てもらいましょう。